切手買取人気店ランキング

切手は想像以上に高く売れる

切手買取

 

出来るだけ高く買い取ってほしい

 

どこの買取業者が良いのだろう

 

切手を分けたりするのが面倒

 

そんなお悩み、当サイトが解決します!

 

当サイトでは、厳選した切手買取店をランキング形式で掲載!

 

なぜこの買取店が1位なのか?なぜこの買取店はダメなのか?全店解説して分かりやすく掲載しています!

 

ぜひ切手買取の際は当サイトをご参考にしてみてください!

切手買取人気店ランキング

切手買取を利用した人の口コミ

 

自宅には母が趣味で集めていた中国切手がありました。数は多くはありませんが、中にはプレミアのついたものもあって、インターネットで調べてみると、一枚5千円もするのがありとても驚きました。このまま置いていてもいいのですが、価値がだんだん下がっているとのことで、買取を検討しました。切手を収集する趣味もなくいずれ手放す
のだからと思い買取先を調べたところ、中国切手専門に買取する店が何軒かありました。そのうちの一軒を選び、電話連絡をして直接訪ねることにしました。
そこは大阪の中心にあるビルの一室にあり、中国切手買取屋、シーフォー株式会社というところです。
家にあった切手を50枚ほど持って行き、査定をしてもらいました。応接室のような部屋で20分くらい待ったあと、男性の方がこられ見積もり一覧表を見せてもらうと、4万円くらいの値段がついていました。正直驚きました。こんなに高く買い取ってもらえるとは思いませんでした。なぜ中国切手の中にこんなに値段の高いものがあるのか、不思議だったので、聞いてみました。その人が言うには、中国で需要があるとのことでした。
特に毛沢東の時代のものが希少で1970年代くらいの切手にプレミアがついているとのことでした。一番高いものでは一枚何百万円するものがあると言います。
思ったよりも高額で買取をしてもらえたので良かったと思いました。自宅の断捨離をしたいと常々思っていますが、お金にかえられるものがあればそのほうが得だと、本当におもいました。これまで、そんな考えはなかったので、着ない服とかいらない小物とかゴミにして捨てていましたが、何に価値があるのかよく調べてから処分したほうが良いのだなと改めて思いました。


切手買取の流れ

切手の買取手段には、複数あります。全部で3つの方法があって、それぞれメリットも異なるのです。
まず一般的な手段は、実店舗による査定手続きです。街を歩けば、様々な所に実店舗があるでしょう。その中には、切手の買取を行ってくれるお店もある訳です。そこに品物を持ち込めば、もちろん状態を確認してくれます。それでお店から提示される金額で問題なければ、売却をするという流れになるのです。
この実店舗による査定のメリットは、スピードです。他の手段の場合は、売却が成立するまでには若干時間を要する場合があります。中には、数日ほどかかってしまう手段もあるのです。しかし実店舗での査定の場合は、売却金額は即日で支払われる事になります。ですから一刻も早く現金化したい時などは、それが一番便利です。ただし、お店に行く手間のデメリットはあります。
他にも手段があります。郵送などもあるのですが、それは時間帯のメリットが大きいです。
郵送の場合は、お店に対して切手を宅配する事になるのです。大抵は所定の宅配会社が自宅まで来てくれますが、コンビニから配送する事もできます。
それで後者のコンビニは、もちろん時間帯に関するメリットがあるのです。コンビニならば、24時間いつでも郵送の手続きを受け付けてくれます。それに対して上記の実店舗という手段では、お店の営業時間に限定されるのです。したがって夜間に切手を送付したい時などは、郵送査定が便利です。
そして3つ目は、出張による査定です。買取を行ってくれるお店に対してコンタクトを取ると、大抵は査定員が自宅まで出張にきてくれます。もちろんその際に切手の状態を確認した上で、具体的な売却額が提示される事になるのです。自宅近くにお店が無い時などは、とても便利な手段と言えます。
このように切手の買取にも、複数の選択肢がある訳です。それぞれメリットも異なりますから、自分のニーズに合わせて、最適な手段で売却をすると良いでしょう。

 

切手の買取相場を知る為にネット買取査定を利用する

切手の買取手続きを行う時には、原則として品物の状態を確認してもらう事になります。状態が良好であるかどうかをお店に見てもらった上で、売却をする事になるのです。
ちなみにその状態確認の手続きは、たいていのお店では査定と表現をしています。価格比較をする為には、とても重要なプロセスなのです。
ところで査定手続きとは言っても、複数の種類があります。その中に、WEB媒体を使うという方法があるのです。
流れとしては、次の通りです。まずはスマホやデジカメなどを用いて、切手の撮影を行います。それで電子画像のデータを作成する訳ですが、それを買取店に対して提示する事になるのです。
すると切手の画像データを受け取ったお店からは、金額の大まかな目安が伝えられる事になります。確定的な金額ではなく、ある程度幅がある金額が伝えられるケースが殆どです。最小1万円で、最大15,000円といった具合です。
このWEB媒体を用いた査定という手段は、フル活用してみると良いでしょう。なぜなら、買取相場を知る上での手段になるからです。
そもそも買い取りという手続きを行う際には、ある程度は相場を知っておく方が良いのです。そもそもお店からは、必ずしも妥当な金額が提示されるとは限りません。時には、相場以下の金額が伝えられる事もあり得るのです。相場以下では、もちろん損をしてしまう事になります。
ですが買取に関する相場を知っておけば、妥当な金額で売却できる確率も高まるのです。やはり平均的な売却数字くらいは、把握しておくに越した事はありません。
そのために、一つ一つのお店に足を運んでみるという方法も一応あります。しかし複数のお店に足を運ぶのは、かなり時間がかかります。また労力なども軽視できないのです。
それに対して上記のWebによる査定の場合は、そこまで多くの労力を要するものではありません。まずは複数のお店からWebで査定額を提示してもらって、買取額の大まかな相場を把握しておくと良いでしょう。

 

切手買取の流れ

切手の買取には、数段階の流れがあります。その際にポイントになるのが、査定と呼ばれる手続きなのです。
まず第1段階は、買取を行ってくれるお店に対するコンタクトです。切手を買い取ってくれる業者が数多くありますから、インターネットや電話などでコンタクトを取る事になります。
第2段階は、買い取ってくれるお店に対して物品を提示する事になります。それにも複数の手段があるのです。お店に対して品物を郵送する手段もあれば、出張という選択肢もあります。いずれにしても、お店のスタッフに対して物品を見てもらう事にはなるのです。品物の状態などを確認する為です。
第3段階は、お店からの金額提示になります。具体的に何円で売却になるかが、お店から数字で提示される事になるのです。
ちなみに第3段階では、直ちに売却をしなくても問題はありません。あくまでも売り手側が金額に満足できた時のみ、売却が行われる事になるからです。金額に不満がある時などは、一旦は返事を保留にする事もできます。またこの第3段階までで、お店に何か費用を支払う事もありません。無料になるのです。
そして第4段階は、お店からの金額支払いになります。第3段階で同意された数字で、売り手側にお金が支払われる事になるのです。ちなみに支払い方法は厳禁手渡しや振り込みなど、複数の手段があります。
異常が、切手の買取に関する大まかな流れになるのです。それでこの一連の流れの中で一番のポイントは、第3段階です。この段階ではお金を払う必要も無いのですから、複数のお店による金額を比較してみると良いでしょう。他のお店と金額を比べるために、一旦は返事を保留にする事も可能なのです。
また第3段階は、お店の顧客対応などを比べるタイミングでもあります。感じが良い対応をしてくれるお店か否かも、このタイミングで見極めを行うと良いでしょう。
ちなみに第3段階は、たいていのお店では査定と表現しています。できるだけ買取価格を高くしたい時などは、この査定をフル活用すると良いでしょう。

 

プレミア価値が高い切手を買取して貰う際の注意点

様々な物品の中には、プレミア価値が非常に高い物があります。めったに見かけないような物品なども、中にはあるでしょう。
そういう物品をお店に売却すると、かなり金額も高く見込める傾向があります。やはり買い取ってくれるお店としても、プレミア価値を重視している傾向があるのです。市場にあまり出回っていない品物などは、お店としてもそれなりに高く評価するのは間違いありません。
ところで切手なども、やはりプレミア価値が非常に高い物もあるのです。そういった物を買い取って欲しい時などは、1つコツがあります。
切手の買取というのは、大抵は特殊なシートなどに貼り付ける事になるのです。専用シートに複数枚を貼り付けた上で、各種タイプで整理をしてから手続きを行ってもらう事にはなります。そうでなければ、お店が大変だからです。
ところが上記でもプレミア価値が高い切手などは、例外的なタイプになります。決して貼り付けない方が良いでしょう。
というのもプレミア価値が高い物を貼り付けてしまいますと、売却価格がかなり下がってしまう傾向があります。折角高く売却できるのに、貼り付け1つで価値が大きく下がってしまうのは、大変勿体ない話です。
では具体的にはどうやって買取店に提示すれば良いかというと、厚紙が推奨されます。簡単には折れ曲がらない厚紙で切手をサンドイッチした上で、保護すれば良いのです。もちろんその厚紙に対して、物を貼り付けないよう注意する必要があります。プレミア価値が高い物は、それなりに取り扱いも注意を要する点です。
ただし製品によっては、特殊なフィルムなどで保護されている事もあります。そういう物は、わざわざ厚紙などでサンドイッチする必要もありません。基本的にはそのままの状態で、買取店に提示する方が良いでしょう。
このようにプレミア価値が高めな切手などは、ちょっと取り扱いには注意を要します。折れ曲がりなどが生じないよう、丁寧に保護する方が良いでしょう。

 

切手の買取価値を高める為に分別してシートに貼る

切手という物品は、他の品物とは大きく異なる点があります。なぜなら、所定のシートに対する貼り付けが求められるからです。
そもそも切手というのは、複数枚が一度に売却されるケースが殆どです。それをバラで売却する事もあるのですが、どちらかと言えば複数枚を整理して売却する事になります。
その際に、必ず整理をする必要があります。そもそも切手とは言っても、非常に多彩な種類があるでしょう。仮にそれをAとBとCという複数種類があるとします。それを各種シートにまとめる必要があるのです。
例えばDというシートに対しては、Aというタイプだけでまとめるようにします。それでEというシートには、Bというタイプでまとめる方が良いのです。
ここでのポイントは、「まとめる」という点です。複数を1つにするという意味ではありません。
ですからDというシートに、AとBという2つをまとめるのは良くないのです。それら2つをミックスさせるのではなく、あくまでも分別する必要があります。なぜなら、それは手数料などに関わってくるからです。
切手の買取というサービスは、必ず手数料の差し引きがあります。買取価格から、所定の手数料は引かれる訳ですが、それも上記のような分別に左右されます。仮にAとBがミックスされた状態になりますと、手数料が大きく引かれてしまう事になるのです。その割合は、かなり高くなってしまう事もあります。
逆にAとBをそれぞれ分別した時には、手数料の差し引きが生じないお店も数多いのです。なぜかというと、お店が切手を整理するのが大変だからです。数多くのタイプを仕分けするのは、お店としてもそれなりの労力が求められるでしょう。ですから、売却価格から差し引かれてしまいます。
ですから買取価格を高くしたいと思うなら、必ずシートに対して貼り付けを行うと共に、分別を行う必要があります。その分別でかなり金額が変わってくる事も多いので、忘れないよう注意が必要です。

 

切手買取店の選び方

買取に関する価格は、お店によって微妙に異なってきます。それが比較的高くなるお店もあれば、その逆もある訳です。
ところで買い取り価格は、専門知識と大きな関連性があります。特定のジャンルに関して、詳しい知識があるかどうかが1つのポイントになるのです。切手の買取も、それは例外ではありません。できるだけ詳しいお店を見つけることが、この買い取りでは大きなポイントになってきます。
そもそも買取とは言っても、非常に多彩なジャンルがある事だけは間違いありません。ブランド物やお酒や車など、多彩なジャンルが存在する訳です。
それで買い取りを行うお店によっては、実に多彩なジャンルに対応している事があります。つまり幅広い物品の買取は行っていますが、特定ジャンルに特化していないお店もあるのです。
ところで切手の買取価格を高くしたいと思うなら、お店が特化しているかどうか着目してみる必要があります。基本的には、1つのジャンルに特化したお店がおすすめなのです。
例えばお店Aの場合は、切手だけでなく幅広いジャンルに対応しているとします。それに対してBの場合は、切手だけに特化しているお店です。
これらAとBを比べると、たいていはBの方が買い取り価格も高めになる傾向があります。というのも1つのジャンルに特化していれば、必然的に専門知識が多くなってくるのです。ですから切手という物品に対する知識も多くなります。
それで売却価格というのは、専門知識が多いか否かに左右されるのです。やはり知識が多いお店などは、それなりに価格も高くなる傾向があります。したがって少しでも高く売却したい時などは、やはり専門店に着目する方が良いでしょう。
それと、お店の事業年数なども1つのポイントになります。事業年数がかなり長いお店などは、価格も比較的高く見込めるからです。このように知識やノウハウが多いかどうかをよく下調べして、お店選びをすると良いでしょう。それだけでも、買い取り価格はだいぶ変わってきます。

切手買取業者の選び方

昔自身が収集していた、あるいは両親や祖父母などが収集していた切手が出てきたといった経験をしたことがあるという方は恐らく少なくないかと思います。しかし郵便局での換金が出来ないため、処分しようにもどうしたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。切手を処分する際には買取に出すのがおすすめです。昨今コレクターが減少しているため需要や価値は下がりつつありますが、それでもゴミとして捨ててしまうよりは有益です。また、中には価値のある切手があることもあり、予想以上の高値が付く可能性もあります。査定のみでも可としている買取業者も少なくないため、まずは利用してみると良いでしょう。買取可能な切手の種類は業者によっても異なりますが古いものから現行のものまで買取ってもらえることが多く、お年玉シートなども可能なこともあります。しかしこれらは流通量が多いという特性上希少価値があまり無いことが多いため、場合によっては専門業者よりも使用需要がある金券ショップなどで売却したほうが高値で買い取ってもらえるでしょう。専門業者で高値で買い取ってもらえるものというのは文化大革命時代の中国切手や見返り美人を始めとしたプレミア切手が主となっています。使用済みや破れているといった保存状態が悪いものであると買取不可としている業者もあるため注意が必要ですが、使用済みに関しては少し例外もあり、消印があっても状態によってはプレミアが付いたり、その消印に重点を置いているコレクターも少なからずいるため場合によっては消印込みで高値になる場合もあります。自身ではわかりかねるといった場合にはまず査定してもらうのが良いでしょう。シートではなくバラでも買取り可能な業者もあり、そのなかにプレミア切手が紛れていたといったことも珍しくないといわれています。業者によって査定額などが異なるのは勿論、仕分けが必要かといった点も異なるため、様々な業者を比較検討するのがおすすめです。

切手を高く売るコツ

切手の高価買取のポイントはいくつかあります。まず、仕込む段階からのポイントがあります。
まず、1枚や2枚では買ってはいけません。簡単に足元を見られます。それではどうすれば良いかと言いますと、シートで買うようにしてください。切手の買取を本気で考えている人であればここからして勘違いしてはいけません。シートで買ってあって、なおかつ傷を付けないよう細心の注意を払わなければいけません。だからこそお年玉抽選の切手は切手部分だけ切り取ったりなどという行為はもってのほかです。絶対にやってはならないことです。皆さん気を付けてください。
そして、買取をしてくれる「金券ショップや質屋」などのいいプライスで買ってくれるところを見つけることも重要です。昔はそういうところしかなかったのですからその時に売ってしまった方にはご愁傷さまですとしか言いようがなかったのですが、今は「インターネットオークションとかインターネットショッピング」などと言った人件費の削減や、売る側と買う側の折り合いの付くプライスのスプレッド(売値と買値の差額のこと)が狭くなっている現状を見たら、買うときは細心の注意を払っておかなければなりませんが、自分が売る側に回り、買取をしてもらう側になったらば心配はいりません。こちらが商品もないのに売ったことにしてお金だけをせしめる詐欺行為とは全く無縁ですから全く心配には及びません。
そうなったら、切手買取をする場合、とにかく高値で売れることにのみ執着していればいいのです。そうなったときには、もうこのご時世です。インターネットをフル活用しましょう。ところによっては切手の状態によっては普通に売るよりも高く買い取ってくれる金券ショップなどもあります。とにかくインターネットを最大限に利用するのです。私も切手以外の金券をブローキングする仕事をしておりますからわかるのですが、アービトラージ(ノーリスクで売買をし、結果利益がすぐに手にできる取引のこと)ができる条件が整っていた金券ショップとインターネットオークションがありました。だからこそ切手買取の際は手間をかけて少しでも高く買い取ってもらいましょう。

高価買取される切手

以前から高値で取引されているアイテムには特徴があります。例えば古い時代のアイテムなら高く売れる場合が多いです。その理由はコレクターたちが古い時代のアイテムに価値を見出しているためです。
特に切手は高値で売れる可能性のあるアイテムです。実際にこのアイテムのコレクターはこの国にも多いです。そして当然のように品物が古ければ高額になるチャンスがあります。
持っている品物を売る際には上手く値段を把握することが重要です。そういった工夫をしないと安い価格で買取が進みます。
切手の買取ではその価格を知ることが基本になっています。なぜなら品物の価値は時代によって変化しているためです。特にこういったアイテムはコレクターたちの興味によって価格が変動していきます。そこを狙って良い時期に売ることも重要です。
また切手はデザインにも大きな注目が集まっています。良いデザインを持っていればそれは高額で取引されます。そして更に重要なのが品物が作られた時代です。古い時代の品物なら現代とは異なるデザインを持っています。
このように切手買取では注意すべき点が多くなっています。また今になってこういった取引が注目された背景には面白い事実があります。実際にはコレクターたちが自らの収集品を手放す機会が増えています。だからこそ切手買取の人気も高まっているのです。
大人たちはコレクションを売る際に色々な相場を知るべきです。そして優れた価格があれば直に品物を売ることもお勧めです。なぜならコレクションの価格が低くなれば大きな損をするためです。
切手の買取でも損をする可能性があるので注意が必要です。しかしその相場を理解すれば大きな失敗を回避できます。重要なのは時期によって求められるアイテムも異なる部分です。
近年では切手の市場も拡大しているので面白いです。これはユーザーが買取金額を把握するために必要な環境です。そして少しでも工夫すれば理想の金額を出せるようになっています。

中国の切手が高値で取引される理由

ネットオークションや、中古切手販売のページをご覧になったことがある方で、「どうして中国の一部の切手は、日本で使えないのにこんなに高値で取引されているの?」と思われたことがあるのではないでしょうか。
この答えは簡単、「その切手を集めている人がいて、その切手そのものの絶対数が少ないから」という理由です。
勿論そんな当たり前すぎる理由では、よくわからないといわれてしまうでしょう。これはつまり、歴史の流れとお金の流れが関係しています。
中国の切手の取引の中でも、特に高値で売買されているのは、文化大革命の時代のものです。
この頃は、色々な西洋文化は悪しき存在として破壊・破棄が進められており、貴重な文化財なども多く失われたものですが、実は切手もその失われたものの一つでした。
コレクションという西洋文化に染まった行いは、よろしくないとされ、中国に多くあった切手が、近い国である日本に多く輸出その他などで、流れ込んでいたのです。
そして本国には当時の物がほとんどなくなり、何故かお隣の日本などで当時の品がよく見つかるという事になってしまいました。
そして現在、経済的成長を遂げた中国の中には、お金持ちで色々なコレクションを始める人も増えてきています。
その中には切手収集家も存在しており、自国の文化である一連のものを欲しがるのですが、あいにくそれらは日本人の方が多く持っている可能性が高いという事で、日本の市場で高値がつきはじめ、同時にそれらの高値がついたことで、中国切手の売買を投機目的で始める人も増えてきたため、まだ高値が続いているのです。
ですから中国切手ならば全てが高いというわけではなく、またこの高値はいつまで続くかの保障はありません。
オランダのチューリップ売買のバブルが、いきなり弾けたという実際の歴史の教訓にもある通り、物の販売の投機は急激に冷めてしまうこともあり、それで大損をしてしまう場合もあるので、切手だけでなく、いきなりの売り買い前にはそれなりの知識を身につけておくのが重要です。

切手の通販購入

子供の頃から母親は切手を買いに郵便局に行っていました。だから長い間、切手とは郵便局で買うしかないものなんだと、思いこんでいました。実際インターネットがなかった頃はそうだったのでしょう。
しかし母が他界してから、自分で切手を買うようになって、ある時に違った事実に気が付きました。パソコンのネット通販で、普通に買うことができるものなんだと。ネット検索すると、いろんなところで切手販売をしているのです。

 

例えばいまネット通販で切手販売をしている、専門店サイトには、スタマガネットがあります。ここは郵便局と同様に多種多様な品揃えがあるのが特徴です。日本製のものから遠い外国製のものまで、いま話題の切手とか、昔のものまであらゆるジャンルの切手、関連商品を取り扱っています。アウトレット切手の場合は、通常の半額になっているなど、安く販売していたりするのでお買い得感がとてもあります。

 

アマゾンのサイトでも、切手の通販を利用できることがわかりました。取り扱っている種類は少なかったのですが、普段使う切手を買うにはじゅうぶんです。他の欲しい商品と一緒に購入したりできることがありがたいところです。アマゾンではさすがに置いてないだろうという、先入観があったのですが、自分の中の常識は変わってしまいました。試しに検索はしてみるものですね。

 

そして言わずと知れて、郵便局の切手ショップのサイトは、切手を買うのには欠かせないところです。1円からその他の切手まで、あらゆる種類の切手、それにはがきやレターパックも置いているから、切手ショップの使いみちが広いです。ちなみに郵便局のネットショップは、薬から食品までも総合的に取り扱っているので驚きます。郵便局というのはいつから総合通信販売業を始めていたんでしょうか。
ほかにも切手を通販で扱っているショップはいくつもあります。切手はいまや日本ではネット通販で、いつでもどこでも購入ができてしまう時代なのです。足が悪いと移動が大変なこともありますし、わざわざ郵便局まで出向かなくても買えることは、覚えておいた方がいいでしょう。