プレミア切手

手紙などを郵送する時に使用される切手は日常生活では多くの人が利用しているもので、何気なく使用している人も多いと思いますが、切手によってはその価値はとても高くなります。

 

テレビなどのメディアでもよく取り上げられています。
もし自宅に普段見慣れない切手がある場合は、買取してもらうと良いです。

 

高額な買取が期待できるプレミア切手の定義は、額面より1円でも高い金額が付いているものは全てプレミア切手と呼ばれます。

 

プレミア切手は、1955年以前に発行されたものに多くあるとされています。
昭和30年は、切手ブームが起こった年で人気のある多くの切手はこの時代に売買され、既にコレクター商品となっています。

 

世の中に眠っている数も非常に少ない事が理由に、高値で取引される傾向にあります。
実際に、プレミア切手の中には数十万円もの値が付く超プレミア切手もあります。

 

明治時代に発行された竜銭切手や鳥切手などはその典型でコレクターからの人気も高いです。
多くのプレミア切手は数円から数十円程度高く買い取ってもらえる程度ですが、1枚でも高額査定が付くこともあるので、自宅に古い切手が眠っているという場合は一度買取に出してみると良いと言えます。

 

日本には多くの種類のプレミア切手がありますが、高額買取が期待できるのは、プレミア切手として現代でも高額が付くとして注目されている日本ではなく海外の切手で、中国切手は今でもかなりの人気があり、売り時と言われています。
切手の買取は思わぬ高額査定がつくこともあり、切手のコレクターではない場合は、すぐに買取をしてもらう事が良いです。
コレクターはしっかり保存している人がほとんどですが、素人は基本的に紙切れの切手にそこまで気持ちがないと言えますので、整理している時にでも出てきた切手を買取してもらうと良いです。

 

切手は今ではスマホなどが発達してメールという便利なサービスが主流で、多くの人が郵便として切手を使用しなくなりました。
今のうちから現在の切手を保管しておくのも良いと言えます。