記念切手の買取

記念切手とは、国がイベントや行事の際に記念として発行する切手です。

 

私は子供の頃から珍しい切手、特に記念切手を集めることが好きでした。

 

未使用品だけでなく、使用したものでも捨てるともったいないと思うため、切手シートに入れておきました。
今でも記念切手が発売されると買いに行きます。
切手代は、結構な金額になってますが、でも私にとって記念切手を集めることは喜びです。

 

そして、集めてきた切手は、それそのものが私の記念になる財産です。だから、なかなか売る気にならないです。
集めた切手を見ていると自分自身の生い立ちや思い出が蘇ってきます。楽しかった子供時代の思い出は財産なので、切手集めもそういう意味で財産です。

 

もちろん、私が集めた記念切手の中には、かなり希少価値の高い物もあるため、買取に出すことで相当なお金を得ることができるのかもしれません。

 

しかし、自分自身の思い出がつまっている記念切手達を手放すことは、今の私は考えられないです。
よほど、大切な事のためになら売る事もあるのかもしれませんが、あくまでも最後の砦です。

 

それくらい記念切手を集めている人は、自分自身が長い年月かけて集めてきた切手を大切にしていると思うのです。
一つ一つ思い出がある切手なので、お金にはなかなか代えられない価値のあるものとして大事にしていることだと思います。
私が一番大切にしているのは、今は亡きダイアナ元王妃がチャールズ皇太子と結婚した際に記念として出された記念切手です。

 

実際、発行枚数も少なく、その後ダイアナ妃は亡くなったため、今ではかなり価値のあるものではないかと思います。