記念切手

私はバースデーカードなどを郵便で送る時には、必ず切手を貼るようにしています。

 

送料がわからない時は郵便局の窓口の人に確認してもらいます。
その時、何も言わないと白い紙に赤い印字がしてあるものを貼り付けられます。

 

仕事で封書を送る場合はそれでも良いのですが、やはり個人宛の手紙類の時は、切手にしてもらいたいと思っています。

 

そこで、毎回、切手にしてください、とお願いします。
早めに言わないと、白い紙を発行してしまい、郵便局の窓口の人も、あまり良い顔はしません。

 

私としては記念切手があれば、できるだけそれを貼りたいと思っています。
比較的空いている時間帯を狙うか、記念切手を勧めてくれそうな窓口担当者がいる郵便局を選んだほうが良いのかもしれません。

 

切手はいろいろなデザインがあり、私はその小さな絵を楽しむことがあります。
以前は記念切手などを保管しておき、時々それを眺めていたこともありました。

 

全て使用済の切手だったのですが、中には新品のプレミア切手をコレクションとして集めている人もいるのでしょう。

 

私は使ってこそ切手は価値があると思っています。
しかし、海外の切手などは普段使うことができないので、いつまでも保管したままです。

 

海外の切手はコインと同じで、実用的なものに関わらず、お土産的な存在になってしまっています。
もし、今後また海外に行く機会があれば、海外の切手やコインを使おうと思っています。

 

おそらく数多くの記念切手が販売されているのでしょうが、普段はあまり目にすることがありません。
郵便局へ行っても、記念切手を勧められることもほとんどありません。
以前、記念切手があるかどうか尋ねたところ、今の時期は発行されていないと言われてしまいました。

 

やはり、記念切手を入手するには、事前にネットなどで確認してから買いに行ったほうが良いのかもしれません。

 

かなり前ですが、私は切手のデザインの公募に挑戦したことがありました。
しかし、見事に落選してしまいました。

 

それでも、切手のデザインを一生懸命考えたことは、今でも良い思い出になっています。