切手を高く売るなら今すぐ査定

切手買取

 

出来るだけ高く買取してほしい

 

どこの買取業者が良いのだろう

 

切手を分けたりするのが面倒

 

 

そんなお悩みを当サイトが解決します!

 

当サイトでは、厳選した切手買取店ランキング形式で掲載!

 

なぜこの買取店が1位なのか?なぜこの買取店はダメなのか?全店解説して分かりやすく掲載しています!

 

ぜひ切手を買取に出す際の店選びは当サイトを参考にしてください!

 

切手買取おすすめ店ランキング

 

着物買取/バイセル

バイセルの特徴
バイセルは未使用切手・記念切手・琉球切手・中国切手・外国切手の買取に力を入れています。 公式サイトにも記載があるように、他店よりも1円でも買取価格が安かった場合は、即対応して貰えます。 買取価格にかなりの自信があるという事です。 実際、買取価格面でも評判は良く、ネット上では良い評判ばかり掲載されていました。 24時間対応している電話対応もあり、気軽に買取を申し込むことが出来ます!
買取金額
切手買取/バイセル
買取方法
出張買取・宅配買取・店舗買取
入金
即現金化
出張買取対応エリア
日本全国対応(地域によっては宅配買取対応の場合あり)
備考
査定費・出張費・キャンセル料・送料などの諸経費完全無料
バイセルではこのような切手でも売る事が出来ます!
古い切手 普通切手 記念切手 ふるさと切手 外国切手 お年玉シート 年賀状・ハガキ 収入印紙

着物買取/買取プレミアム

買取プレミアムの特徴
切手買取プレミアムは毎月1万件以上の切手買取の実績がある大手の切手買取店です。 多くの人が利用している買取店なので、安心して買取に出すことが出来ます。 高価買取にも定評があり、買取価格に期待が持てます! 24時間受け付け対応しているのもGOOD!
買取金額
切手買取/買取プレミアム
買取方法
出張買取・宅配買取・店舗買取
入金
即現金化
出張買取対応エリア
日本全国対応(地域によっては宅配買取対応の場合あり)
備考
査定費・出張費・キャンセル料・送料などの諸経費完全無料
買取プレミアムでは他店ではお断りされるこのような切手も売る事が出来ます!
価値の分からない切手 変色や汚れている切手 バラ切手 中国などの外国切手

着物買取/ウルトラバイヤープラス

ウルトラバイヤープラスの特徴
買取金額
切手買取/ウルトラバイヤープラス.jp
買取方法
出張買取・宅配買取
入金
その場で即お支払い
出張買取対応エリア
日本全国対応(一部離島は対象外)
備考
査定費・出張費・キャンセル料などの諸経費完全無料
ウルトラバイヤープラスではこのような切手でも売る事が出来ます!
使用済み切手 汚れ・破れ切手 折れ・シワがある切手 低額切手 バラ切手 外国切手 消印のついたハガキ

 

切手を売る方法

 

 

切手の買取手段には、全部で3つの方法があって、それぞれメリット・デメリットが異なります。

 

実店舗買取

 

 

切手売る

 

一般的な手段は、実店舗買取です。
街中には切手を売る事が出来る店があります。

 

買取店に直接、品物を持ち込むと、状態を確認してくれます。

 

それでお店から提示される金額で問題なければ買取という流れになるのです。

 

この実店舗による査定のメリットは、スピードです。

 

他の手段の場合は、売却が成立するまでには若干時間を要する場合があります。中には、数日ほどかかってしまう手段もあるのです。
しかし実店舗での査定の場合は、買取金額は即日で支払われる事になります。
ですから一刻も早く現金化したい時などは、この方法が一番便利です。

 

ただし、お店に行く手間のデメリットがあります。

 

宅配買取

 

 

切手売る/宅配買取

 

郵送にて切手を買取店に送り、査定をしてもらい、買取が成立すれば振込で現金を受け取る、という宅配買取があります。

 

宅配買取は買取金額が高いというメリットがあります。
デメリットは金額を手にするまでに時間がかかってしまうという事です。

 

郵送の場合は、お店に対して切手を宅配する事になるのです。
大抵は所定の宅配会社が自宅まで来てくれますが、コンビニから配送する事もできます。
それで後者のコンビニは、もちろん時間帯に関するメリットがあるのです。
コンビニならば、24時間いつでも郵送の手続きを受け付けてくれます。

 

それに対して上記の実店舗という手段では、お店の営業時間に限定されるのです。

 

したがって夜間に切手を送付したい時などは、宅配買取が便利です。

 

出張買取

 

 

切手売る/出張買取

 

そして3つ目は、出張による査定です。

 

買取を売る事が出来るお店に対してコンタクトを取ると、大抵は査定員が自宅まで出張にきてくれます。
もちろんその際に切手の状態を確認した上で、具体的な売却額が提示される事になるのです。
自宅近くにお店が無くても売る事が出来るので、とても便利な手段と言えます。

 

メリットは自宅から出ることなく切手を売る事が出来る、すぐに現金を手に出来るということです。

 

このように切手の買取にも、複数の選択肢がある訳です。
それぞれメリットも異なりますから、自分のニーズに合わせて、最適な手段で売却をすると良いでしょう。

 

切手の売却方法7選

 

切手を売るときには、さまざまな方法があります。
最近では切手の市場価値が高まってきているため、どんな売り方をするか考えなければなりません。
7つの切手売却方法の特徴を知ることで、どうすれば高く売れるかがわかるようになるでしょう。
それでは、切手の売却方法7選を見ていきましょう。

 

金券ショップ

 

切手の買取と言えば、金券ショップをイメージする方は多いでしょう。
金券ショップは店舗によって、切手を取り扱っているかが変わります。
そのため、事前に買い取ってもらえるかを確認しておかないと、ムダ足になる可能性があります。

 

また、新古品の買取には強いですが、ほぼプレミア品として買取されません。
どちらかと言えば、切手の購入におすすめできる売却方法です。

 

リサイクルショップ

 

町中にあるリサイクルショップでは、切手を買い取ってくれる店舗もあります。
切手専門の店舗ではないため、プレミア切手もそのまま買い取られてしまうケースがあります。
さらにそれぞれの店舗によって、買取可否、レートなどが大きく変わることが特徴。
高価買取に期待できないため、リサイクルショップでの買取はおすすめできません。

 

質屋

 

ブランド品の買取を行っている質屋は、切手の高価買取が行われることもあります。
ただし、店舗・査定員の技術次第なので、基本的にはただの切手としか見られません。
少しでも高く買い取ってもらうのなら、質屋の利用は選択肢から外してください。
せっかくのプレミア品が、数十円で買い取られてしまうでしょう。

 

メルカリ・ヤフオクなどのネットオークション

 

ネットオークションで販売する場合、コレクターが高値で買ってくれる可能性があります。
しかし、コレクターの目に留まらなければ、相場以下の落札となるケースも良くあります。
手数料や送料といったコストもかかりますので、高く売るのは難しいでしょう。
手間と時間がかかる、さらにはユーザー同士のトラブルが起きやすいため、あまりおすすめできません。

 

特にメルカリの場合だと、値下げ交渉をしてくるユーザーが多いです。
納得できる価格で売れないケースが多いため、安定した売却ができないでしょう。

 

店頭買取

 

切手専門のショップで店頭買取をする場合、高値買取が行われやすいです。
査定員の技術も確かなので、適切な価格で販売できるでしょう。
他の売却方法に比べると、非常にメリットしかありません。

 

ただし、お店まで行く必要があるため、手間がかかってしまいます。
宅配買取、出張買取に比べると、少し見劣りしてしまうでしょう。

 

宅配買取

 

インターネットから買取業者に申し込みを行い、集荷キットに切手を入れて送る買取方法です。
自宅から出る必要もありませんし、送料・手数料がかからないことがメリット。
そのため、かなりおすすめできる買取方法です。

 

ただし、査定額が低く返送してもらうときには、キャンセル料がかかるお店もあります。
さらに、切手の紛失防止のために、一部買取ができないケースが多いこともデメリット。
確実に高く売れる切手を大量に売る場合は、宅配買取を利用しても良いでしょう。

 

出張買取

 

宅配買取と違うポイントとしては、自宅に査定員が来てくれるということ。
自宅にいながら適切な査定を行ってくれるため、高価買取にも期待ができます。
申し込みはネット・電話から簡単に行えますし、面倒な手続きは不要です。

 

手数料もかからないので、どんな買取方法よりおすすめです。
切手を高く買い取ってもらうなら、ぜひ出張買取を利用しましょう。

 

切手を売るなら出張買取がおすすめ

 

切手はさまざまな売却方法がありますが、出張買取が最もおすすめです。
高価買取に期待できるだけでなく、買取トラブルが起きることもありません。
面倒な手続きもありませんので、あまり知識がない方でも利用しやすいでしょう。
切手を高く売りたいと考えているなら、出張買取を利用してはいかがでしょうか?

 

切手の買取相場を知る為にネット買取査定を利用する

 

切手の買取手続きを行う時には、原則として品物の状態を確認してもらう事になります。
状態が良好であるかどうかをお店に見てもらった上で、売る事になるのです。

 

ちなみにその状態確認の手続きは、たいていのお店では査定と表現をしています。
価格比較をする為には、とても重要なプロセスなのです。

 

ところで、査定手続きとは言っても、複数の種類があります。
その中に、ネット買取査定を使うという方法があるのです。

 

流れとしては、次の通りです。

 

まずはスマホやデジカメなどを用いて、切手の撮影を行います。
それで電子画像のデータを作成する訳ですが、それを買取店に対して提示する事になるのです。
すると切手の画像データを受け取ったお店からは、金額の大まかな目安が伝えられる事になります。
確定的な金額ではなく、ある程度幅がある金額が伝えられるケースが殆どです。最小1万円で、最大15,000円といった具合です。
このWEB媒体を用いた査定という手段は、フル活用してみると良いでしょう。

 

なぜなら、買取相場を知る上での手段になるからです。

 

そもそも切手を売る際の手続きを行う際には、ある程度は相場を知っておく方が良いのです。
そもそもお店からは、必ずしも妥当な金額が提示されるとは限りません。

 

時には、相場以下の金額が伝えられる事もあり得るのです。
相場以下では、もちろん損をしてしまう事になります。
ですが買取に関する相場を知っておけば、妥当な金額で売却できる確率も高まるのです。
やはり平均的な売却数字くらいは、把握しておくに越した事はありません。

 

そのために、一つ一つのお店に足を運んでみるという方法も一応あります。
しかし複数のお店に足を運ぶのは、かなり時間がかかります。また労力なども軽視できないのです。
それに対して上記のWebによる査定の場合は、そこまで多くの労力を要するものではありません。

 

まずは複数のお店からWebで査定額を提示してもらって、買取額の大まかな相場を把握しておくと良いでしょう。

 

切手買取の流れ

切手を売る際は、数段階の流れがあります。
その際にポイントになるのが、査定と呼ばれる手続きなのです。

 

step1.買取申込

 

切手売る/申込

 

まずは、買取店の公式ホームページの申込フォームから買取申し込みをします。
ネットだけではなく、電話での受付も対応しているところもあります。

 

step2.切手の送付

 

切手売る/送付

 

宅配買取であれば買取店に切手を送ります。
公式サイトで申請すると無料で梱包キットが貰えるので、こちらで用意するものなどはなく、送料なども一切かかりません。

 

自宅に買取査定士が来て、いきなり査定、という出張買取もあります。

 

step3.査定

 

切手売る/送付

 

切手の買取査定となります。
査定額が何円になるか、お店からメールや電話で提示されます。

 

もちろん、金額に納得がいかなければ、買取をキャンセルすることは可能です。
金額に不満がある時などは、一旦は返事を保留にする事もできます。
あくまでも売る側が金額に満足できた時のみ、買取が行われる事になるからです。

 

送り返してもらう際の送料ももちろん無料ですので、納得がいかなければ遠慮なくキャンセルを申し出ましょう。
また、出張費や査定費なども一切かかりません。

 

step4.買取

 

切手売る/送付

 

査定金額に納得がいき、査定を承認すると、お店から買取金額が支払われます。

 

受取方法は、宅配買取であれば振込、出張買取であればその場で手渡しとなります。
振込の場合は、店によって振り込まれるまでの期間が違いますが、査定完了の次の日に振込の買取店が多いです。

 

以上が、切手の買取に関する大まかな流れになります。

 

それでこの一連の流れの中で一番のポイントは、買取査定です。
この段階ではお金を払う必要も無いので、複数のお店による買取金額を比較してみると良いでしょう。
他のお店と金額を比べるために、一旦は返事を保留にする事も可能なのです。

 

またstep3は、お店の顧客対応などを比べるタイミングでもあります。感じが良い対応をしてくれるお店か否かも、このタイミングで見極めを行うと良いでしょう。
出来るだけ高く売る時などは、この査定をフル活用すると良いでしょう。

 

プレミア価値が高い切手を売る際の注意点

 

切手売る店選び

 

様々な物品の中には、プレミア価値が非常に高い物があります。
めったに見かけないような物品なども、中にはあるでしょう。

 

そういう物品をお店に売却すると、かなり金額も高ることが出来る傾向があります。
やはり買い取ってくれるお店としても、プレミア価値を重視している傾向があるのです。
市場にあまり出回っていない品物などは、お店としてもそれなりに高く評価するのは間違いありません。

 

ところで切手なども、やはりプレミア価値が非常に高い物もあるのです。
そういった物を売るとき時などは、1つコツがあります。
切手の買取というのは、大抵は特殊なシートなどに貼り付ける事になるのです。
専用シートに複数枚を貼り付けた上で、各種タイプで整理をしてから手続きを行ってもらう事にはなります。

 

そうでなければ、お店が大変だからです。

 

ところが上記でもプレミア価値が高い切手などは、例外的なタイプになります。
決して貼り付けない方が良いでしょう。
というのもプレミア価値が高い物を貼り付けてしまいますと、売却価格がかなり下がってしまう傾向があります。

 

折角高く売る事が出来るのに、貼り付け1つで価値が大きく下がってしまうのは、大変勿体ない話です。

 

では、具体的にはどうやって買取店に提示すれば良いかというと、厚紙が推奨されます。
簡単には折れ曲がらない厚紙で切手をサンドイッチした上で、保護すれば良いのです。もちろんその厚紙に対して、物を貼り付けないよう注意する必要があります。
プレミア価値が高い物は、それなりに取り扱いも注意を要する点です。
ただし製品によっては、特殊なフィルムなどで保護されている事もあります。そういう物は、わざわざ厚紙などでサンドイッチする必要もありません。

 

基本的にはそのままの状態で、買取店に提示する方が良いでしょう。

 

このようにプレミア価値が高めな切手などは、ちょっと取り扱いには注意を要します。
折れ曲がりなどが生じないよう、丁寧に保護する方が良いでしょう。

 

切手の買取価値を高める為に分別してシートに貼る

 

切手売る

 

切手は、他の品物とは大きく異なる点があります。
なぜなら、所定のシートに対する貼り付けが求められるからです。
そもそも切手というのは、複数枚が一度に売却されるケースが殆どです。
それをバラで売却する事もあるのですが、どちらかと言えば複数枚を整理して売却する事になります。

 

その際に、必ず整理をする必要があります。そもそも切手とは言っても、非常に多彩な種類があるでしょう。
仮にそれをAとBとCという複数種類があるとします。それを各種シートにまとめる必要があるのです。
例えばDというシートに対しては、Aというタイプだけでまとめるようにします。それでEというシートには、Bというタイプでまとめる方が良いのです。

 

ここでのポイントは、「まとめる」という点です。複数を1つにするという意味ではありません。
ですからDというシートに、AとBという2つをまとめるのは良くないのです。それら2つをミックスさせるのではなく、あくまでも分別する必要があります。なぜなら、それは手数料などに関わってくるからです。
切手の買取というサービスは、必ず手数料の差し引きがあります。買取価格から、所定の手数料は引かれる訳ですが、それも上記のような分別に左右されます。
仮にAとBがミックスされた状態になりますと、手数料が大きく引かれてしまう事になるのです。
その割合は、かなり高くなってしまう事もあります。

 

逆にAとBをそれぞれ分別した時には、手数料の差し引きが生じないお店も数多いのです。
なぜかというと、お店が切手を整理するのが大変だからです。数多くのタイプを仕分けするのは、お店としてもそれなりの労力が求められるでしょう。
ですから、買取金額から差し引かれてしまいます。

 

なので、買取価格を高くしたいと思うなら、必ずシートに対して貼り付けを行うと共に、分別を行う必要があります。
その分別でかなり金額が変わってくる事も多いので、忘れないよう注意が必要です。

 

切手買取業者を選ぶポイント

 

切手買取店選び

 

切手を売る際には出張買取に出すのがおすすめです。

 

また、中には価値のある切手があることもあり、予想以上の高値が付くことが良くあります。

 

査定のみでも可としている買取業者も少なくないため、まずは利用してみると良いでしょう。
買取可能な切手の種類は、業者によっても異なりますが古いものから現行のものまで買取ってもらえることが多く、お年玉シートなども可能なこともあります。

 

しかしこれらは流通量が多いという特性上希少価値があまり無いことが多いため、場合によっては専門業者よりも使用需要がある金券ショップなどで売るほうが高値で売る事が出来るでしょう。
専門業者で高値で売る事が出来るというのは文化大革命時代の中国切手や見返り美人を始めとしたプレミア切手が主となっています。

 

使用済みや破れているといった保存状態が悪いものであると買取不可としている業者もあるため注意が必要ですが、
使用済みに関しては少し例外もあり、消印があっても状態によってはプレミアが付いたり、その消印に重点を置いているコレクターも少なからずいるため場合によっては消印込みで高値になる場合もあります。

 

自身では分かりかねるといった場合にはまず査定してもらうのが良いでしょう。
シートではなくバラでも売るのが可能な業者もあり、そのなかにプレミア切手が紛れていたといったことも珍しくないといわれています。

 

業者によって査定額などが異なるのは勿論、仕分けが必要かといった点も異なるため、様々な業者を比較検討するのがおすすめです。

 

切手買取店の選び方

 

コレクションとして切手を集めていたけど、もう必要ないから売却したいと考えている方はいませんか?
切手買取店なら、プレミアが付いた切手を高値で買い取ってくれます。
しかし、お店によって買取価格が異なるため、切手買取店の選び方を知る必要があります。

 

使わなくなった切手は、できるなら少しでも高く売りたいですよね。
高価買取を狙うために、切手買取店の選び方について知っておきましょう。

 

切手はプレミアがついているかによって、買取価格が大きく変わります。
しかし、美品のプレミア切手でも、店舗によって買取価格が異なるため、お店選びは重要です。
切手を買取りに出す場合は、以下のポイントに注意して、切手専門店を選びましょう。

 

?買取価格が高い
?口コミの評判が良い
?買取実績が豊富

 

まず、切手買取店を選ぶ最重要ポイントは、高価買取をしているかということ。
プレミア切手だけでなく、通常の切手買取価格が高いお店は、全体的に買取相場が高くなります。
そのため、手持ちの切手を確認して、買取店舗のレートを調べてみましょう。

 

また、切手買取店を選ぶときには、口コミを確認することも大切です。
口コミは実際に買取査定を行った方のリアルな声なので、評判が良いほど信頼できる切手買取店と言えます。

 

また、過去の買取実績にも注目してみましょう。
実績が豊富な買取店には、それだけ信頼できる査定員がいるということ。
特にプレミア切手の買取実績が多ければ、切手の知識に精通している可能性が高いです。
状態の悪い切手でもしっかりと査定してくれるので、買取を安心して任せられるでしょう。

 

バラ切手もしっかり査定してくれるお店がおすすめ

 

記念切手をバラで集めている方は、買取に出すときもバラで出すことになります。
また、大量の切手をまとめて買取に出したい!と考えることもあるでしょう。
しかし、店舗によっては買取の大量のバラ切手を持ち込んだ場合、1枚あたりの買取金額が減らされるケースがあります。

 

大量のバラ切手を自分で仕分けすると、かなりの時間が必要になります。
もちろん査定金額を高めるためにも、ある程度の仕分けが必要ですが、バラでも査定してくれるお店に任せた方が良いでしょう。

 

買取方法でお店を選ぶ

 

切手を買い取ってもらうときは、店舗・出張・宅配などの方法があります。
店舗が近い、時間に余裕があるという方は、店舗買取でも問題ないでしょう。
しかし、近くに店舗がない、忙しくて買取に持って行けないという方は、出張・宅配買取りがおすすめです。
基本的に査定は無料、全国送料無料になっているため、気軽に利用できることもポイントです。

 

切手専門店の宅配買取・出張買取なら、高価買取にも期待ができます。
そのため、良いお店が見つからないなら、宅配買取や出張買取を試してみてください。

 

切手買取店は慎重に選ぼう

 

切手買取店は、店舗によって買取価格はもちろん、サービスにも違いがあります。
適当に選んだお店で買取に出すと、高く買い取ってもらうことはできません。
良いお店に買い取ってもらうために、買取価格や口コミなどを事前に確認してみてください。

 

切手を高く売るコツ

 

切手高く売る

 

切手を高く売るポイントはいくつかあります。

 

まず、仕込む段階からのポイントがあります。

 

1枚や2枚では購入しない

 

 

売る際に簡単に足元を見られます。
それではどうすれば良いかと言いますと、シートで買うようにしてください。

 

切手の買取を本気で考えている人であればここからして勘違いしてはいけません。
シートで買ってあって、なおかつ傷を付けないよう細心の注意を払わなければいけません。
だからこそお年玉抽選の切手は切手部分だけ切り取ったりなどという行為はもってのほかです。

 

絶対にやってはならないことですので、気を付けてください。

 

そして、買取をしてくれる優良な切手買取店を見つけることも重要です。
今は「オークションとかネットショッピング」などと言った人件費の削減や、売る側と買う側の折り合いの付くプライスのスプレッド(売値と買値の差額のこと)が狭くなっている現状を見たら、
買うときは細心の注意を払っておかなければなりませんが、自分が売る側に回り、買取をしてもらう側になったらば心配はいりません。

 

切手買取をする場合、とにかく高値で売ることにのみ執着していればいいのです。
インターネットをフル活用しましょう。

 

ところによっては、切手の状態によっては普通に売るよりも高く買い取ってくれる金券ショップなどもあります。
とにかくネットを最大限に利用するのです。切手買取の際は手間をかけて少しでも高く買い取ってもらいましょう。

 

切手を高く売る3つのコツ

 

コレクション用に集めた切手の数々。
使う予定もないし、少しでも高く売りたい!なんて考えている人も多いのでは?
最近では一枚あたり数千円、高いものなら10万円以上の値段が付く切手も珍しくありません。

 

せっかくなら、少しでも高く切手を売りたいですよね。
そこで今回は、切手を高く売る3つのコツをまとめてみました!

 

切手の価値を知ろう

 

切手を高く売りたいなら、正しい価値を知ることが一番です。
例えば、「切手 プレミア」と調べるだけで、高値で売れる切手の情報を集められます。
手元にある切手の価値を知れるため、できる限り調べておきましょう。

 

ただし、メジャーな切手は載っていますが、あまりマイナーな切手だと情報がないこともあります。
情報がなくとも高値で取引されている切手もあるので、注意しておきましょう。

 

売り方で値段は変わる
切手を売るときは、買取業者・金券ショップ・オークションの3つの売り方があります。

 

切手専門買取業者で出張買取

 

3つの売り方の中で、最も期待できる切手専門の買取業者。
出張買取は自宅にいながら、ラクラク審査してもらえる魔法のシステムです。
また切手専門の買取業者なら、切手の価値に精通していることがメリット。
メジャーな切手はもちろん、マイナーな切手の価値にも詳しいため、高値の買取に期待できるでしょう。

 

ただし、買取業者によってもレートは変わるので、少しでも高く売るためには相見積もりがおすすめ。
買取業者はそれぞれの販売先、現在の在庫状況によって、同じ切手でも大幅にレートが変わることがあります。
そのため、複数の買取業者に見積もりを出せば、一番高値で買い取ってくれる業者に販売できるでしょう。

 

金券ショップは仕入れにおすすめ

 

金券ショップは、買取業者に比べると切手のレートが低めに設定されています。
新古品の買取をメインに行っているため、キレイな状態じゃないと大きく価値は下がるでしょう。
あまり切手を売るときには、高値で取り扱ってくれません。

 

その分プレミア切手がお値打ち価格で購入できることもあるでしょう。
そのため、切手を仕入れたいときには、非常に使いやすいです
また、店舗によっては切手を取り扱っていないケースもありますので、注意しておきましょう。

 

ネットオークションは安定性に欠ける

 

最近ではネットオークションにも切手事業が展開されています。
自宅に眠っていた切手が、かなり高値で売れた!というケースも少なくありません。
ただし、ネットオークションの場合、トラブルが頻繁に起きてしまいます。

 

切手が汚れていたと購入者からクレームを受けることもあるでしょう。
市場価値の高い切手であっても、安値で落ちるパターンもあります。
そのため、ネットオークションは安定性に欠けるので、高値で売る方法としてはおすすめできません。

 

切手の状態によって値段は大幅に変わる

 

切手は紙でできているため、保存状態が悪いと劣化が起きやすいです。
汚れが目立つ・破れてしまった切手だと、本来の価値から大きく下がってしまいます。
買取に出せないパターンもあるますので、十分に注意しておきましょう。

 

また、消印が付いている使用済み切手に関しては、状態が良くとも買取されない可能性があります。
ただし、当時の消印が付いているからこそ、価値が高くなる切手もあります。
消印のある切手が売れなかったときには、コレクター狙いでネットオークションに出していても良いでしょう。

 

使わない切手は高く買い取ってもらおう

 

使わない切手を高く売るときは、3つのコツを押さえる必要があります。

 

?切手の価値を知る
?買取専門業者で売る
?切手を良い状態で保存する

 

3つのコツさえ押さえておけば、買取価格を大幅に上げることができるでしょう。
少しでも高く買い取ってもらうために、3つのコツを生かしてみてください。

 

高く売れやすい切手の種類

 

高価買取/切手

 

基本的に高値で取引されているアイテムには特徴があります。
例えば古い時代のアイテムなら高く売れる場合が多いです。その理由はコレクター達が古い時代のアイテムに価値を見出しているためです。

 

特に切手は高値で売れる可能性のあるアイテムです。実際に切手コレクターは多いです。
そして当然のように切手が古ければ古い程、高く売る事が出来るチャンスがあります。

 

持っている品物を売る際には上手く値段を把握することが重要です。
そういった工夫をしないと安い価格で買取が進みます。

 

切手の買取ではその価格を知ることが基本になっています。なぜなら品物の価値は時代によって変化しているためです。
特に切手はコレクター達の興味によって価格が変動していきます。
そこを狙って良い時期に売ることも重要です。

 

また切手はデザインにも大きな注目が集まっています。
良いデザインを持っていればそれは高額で取引されます。
そして更に重要なのが品物が作られた時代です。古い時代の品物なら現代とは異なるデザインを持っています。
このように切手を売る際は注意すべき点が多くなっています。また今になってこういった取引が注目された背景には面白い事実があります。
実際にはコレクターたちが自らの収集品を売る機会が増えています。
だからこそ切手買取の人気も高まっているのです。

 

大人たちはコレクションを売る際に色々な相場を知るべきです。そして優れた価格があれば直に品物を売ることもお勧めです。

 

なぜならコレクションの価格が低くなれば大きな損をするためです。

 

切手を売る際も損をする可能性があるので注意が必要です。
しかしその相場を理解すれば大きな失敗を回避できます。重要なのは時期によって求められるアイテムも異なる部分です。
近年では切手の市場も拡大しているので面白いです。これはユーザーが買取金額を把握するために必要な環境です。

 

そして少しでも工夫すれば理想の金額を出せるようになっています。

 

高く売れる切手

 

切手の種類によっては、販売価格よりも高値で売れるものがあります。
昔集めていた切手コレクション、使う機会がなく引き出しに眠ったままの切手。
そんな切手の中には、思っているよりも高く売れる切手が、知らないうちに紛れ込んでいるかもしれません。

 

そこで、今回は高く売れる切手についてまとめてみたので、切手を売りに出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

高く売れる切手は、「記念切手」「プレミアム切手」「中国切手」の3種類があります。
どれも希少価値の高い切手になるので、買取価格がとても高く、中には1点につき数十万〜100万円で売れる切手となっています。

 

記念切手

 

オリンピックや天皇陛下の結婚記念など、国の行事を記念して作られる記念切手。
販売枚数はもちろん、販売期間や取り扱い郵便局、郵便に使用できる機関などに制限されている切手です。
通常で使われる切手よりも手に入れることが難しいため、高額で売られている切手の一つです。

 

プレミアム切手

 

昭和30年よりも前に作られていて、歴史的な価値がついているプレミアム切手。
昔の切手なので希少価値があり、高く売れる切手の中でも特に高額になりやすい切手となっています。
もしプレミアム切手を買取査定に出したら、1点数十万円と高値で売れるでしょう。

 

中国切手

 

高く売れる切手の中でも有名で、中国の歴史を感じられる中国切手。
特に中国の建国者である「毛沢東」が描かれた切手は、中国切手の中でも高く売れる有名な切手となっています。
中国切手の種類によっては、数枚で数十万円、一番高額なもので1点100万円と価値の高い切手が多いです。

 

使用済みでも高く売れる切手がある

 

基本的に高く売れる切手は未使用品であることが条件ですが、切手によっては使用済みでも価値のあるものがあります。
昭和30年前に作られたプレミアム切手や、高額で有名な中国切手であれば、使用済みでも高く売れる切手となっています。

 

希少価値や歴史的価値がある切手なので、未使用品に限らず価値が高いことには変わりありません。
そのため、使用済みのプレミアム切手や中国切手を持っている場合は、一度買取査定に出してみると良いでしょう。

 

切手に付いた消印も価値がある

 

郵便物の切手部分に押される消印ですが、使われている消印の種類によっては、高い価値を持っています。

 

風景入通信日付印

 

風景入通信日付印は、その土地ならではの名所や景色を描いた消印のことです。
旅行先から手紙やはがきを送るときなど、記念になるような特別な日付印となっています。
切手はもちろん、消印をメインにコレクションしている方にも人気のある消印です。

 

特殊通信日付印

 

国で行われる記念行事のときだけに使われている大型の消印です。
記念切手のデザインをモチーフに作られていて、特別に指定されている郵便局でのみ使われている消印となっています。
そのため、特殊通信日付印のついた切手は、希少価値があり、高く売れる理由となっています。

 

小型記念日付印

 

特殊通信日付印と同じく、国の記念行事のときに使われる小型の消印です。
小型記念日付印が使われるのは、全国切手展が行われる時期に使われていて、小さな記念行事に使われている消印となっています。

 

持っている切手を確認してみよう

 

未使用品はもちろんのこと、切手によっては使用済みの切手でも高く売れるものがあります。
また、切手に押された消印にも価値がある場合があるので、もしかしたら家の中に高価な切手が眠っているかもしれません。
ご紹介した内容をぜひ参考にして、一度手持ちの切手を確認してみてはいかがでしょうか?

 

切手を買取に出す前にチェックするポイント

 

切手を高く買い取ってもらうためには、査定に出す前にチェックすべきポイントがあります。
切手の売り方や注意点を押さえておかないと、高く売ることはできません。

 

しかし、事前に準備しておけば、査定価格が高くなるケースは良くあります。
あなたが切手を高く売れるように、査定前のチェックポイントをまとめてみました!

 

切手の価値は状態によって変わる

 

同じ種類の切手を買い取ってもらうときでも、保存状態によって大きく価値は変わります。
例えば、表面に汚れが付いてれば、多少買取価格は落ちてしまいます。
しかし、折れや破れが目立つ場合は、買い取ってもらえないこともあるでしょう。
そのため、正しく買い取ってもらうためには、保存状態を良くしなければなりません。

 

チェックされる項目としては「裏糊」「ヒンジ」「汚れ」「キズ」があります。
すべてがキレイな状態であれば、美品として最高金額で買い取ってもらえるでしょう。

 

すでに汚れてしまっている切手だと、価値を高めることは難しいです。
切手は紙で作られているため、汚れを落とそうとすると、余計に悪化する可能性があります。
さらに状態を悪化させないためにも、ピンセットや専用の手袋を使い、丁寧に扱いましょう。

 

使用済みやセットによって金額は変わる

 

プレミア切手を売るときには、消印が付いているかが重要になります。
消印が付いている使用済みだと、価値は下がってしまいます。
しかし、未使用切手であれば、高価買取に期待できるでしょう。

 

また、複数種類販売されているシリーズものの切手は、セットであるかも重要になります。
単品で売却するよりもセット売却することで、数万円も価値が上がることはあります。
そのため、シリーズで販売されている切手は、単品で売却しないようにしておきましょう。

 

単品よりシート買取の方が高い

 

シートから切り離されたバラの状態だと、買取価格は大きく下がります。
もちろんシート状態でも、余白が破れている場合、単品として扱われることが多いです。
そのため、シート状態で保存しているのなら、少しも欠けていてはいけません。

 

また、バラで切手を買取に出すときは、ある程度仕分けをしておきましょう。
店舗によって違いはありますが、仕分け料として査定金額が減らされるお店もあります。
そのため、できる限り丁寧に仕分けをしておき、高価買取をしてもらいましょう。

 

切手の状態をチェックして高価買取を目指そう

 

何も考えずに切手を買取に出してしまうと、買取価格が大幅に低下することがあります。
ちょっとしたポイントをチェックするだけで、高価買取に繋がるケースも少なくありません。
切手が美品であるほど買取価格は高くなりますし、シリーズものはセットの方が高価買取になります。

 

バラでも仕分けを済ませておくだけで、買取金額が少しだけ高くなります。
切手を少しでも高く売るために、査定前には細かいポイントをチェックしておきましょう。

TOPへ