記念切手を一番高く売るには?

 

国民的行事が行われるときに、記念として作られる記念切手。
記念切手は発行期間・枚数が限定されているため、希少価値が高いです。
そのため、正しい売り方を知っておかないと、適正な価格で買い取ってもらえません。
あなたのお家に眠っている記念切手を高く買い取ってもらうために、一番高く売る方法をご紹介します。

 

記念切手とは?

 

記念切手は、国民的行事・国家行事が行われることを記念して発行されます。
明治時代から発行されており、毎年さまざまな種類が発行されています。
記念切手と言えば、オリンピックをイメージする方が多いでしょう。

 

記念切手は種類が多いですが、その行事を象徴としたデザインになっています。
発行年数や行事名が記されているものも多く、見分けやすい切手と言えるでしょう。

 

記念切手を高く売る方法

 

記念切手は切手専門店で買取を行ってください。
基本的にプレミアが付いているものが多く、査定金額は高い傾向にあります。
質屋や金券ショップでも、ある程度値段が付くことはありますが、切手専門店には遠く及びません。
そのため、必ず切手専門店に買取を出すようにしてください。

 

記念切手は発行年数と保存状態が命

 

記念切手を高く売るためには、発行年数を確認しなければなりません。
最近の記念切手は一年に発行される回数・枚数が多いので、希少価値が付きづらくなりました。
しかし、昔の切手であればあるほど、発行枚数が少なく希少価値は高くなります。
そのため、いつ発行されたかわかれば、ある程度の相場がわかるでしょう。

 

また、古い記念切手は紙の質が悪く、長期間保存していると汚れも付きやすいです。
直接指で触れてしまうと、脂汚れやシミが付いてしまうため、ピンセットで扱ってください。

 

 

記念切手の相場一覧

 

記念切手は数多くの種類があるため、それぞれの相場は大きくことなります。
プレミア化している切手の相場を掲載していきますので、ぜひ買取の目安にしてください。

 

?儀式の冠 昭和文大子札1916年:単品5〜10万円 未使用シート1,000万円以上
?見返り美人 切手趣味週間1948年:単品4千円〜1万3千円 5枚シート5万円以上
?月に雁 切手趣味週間1949年:単品4千円〜1万3千円 5枚シート5万円以上
?ビードロを吹く女 切手趣味週間1955年:単品7百円〜千五百円 未使用シート1万5千円
?写楽 切手趣味週間1956年:使用済み5百円〜千円 未使用7百円〜2千円
?東京オリンピック 1964年:未使用シート5百〜8百円 募金小型シート2千円
?第1時国立公園シリーズ:単品100〜5万円 シート5千円〜20万円
?国際切手展:単品50〜90%の金額 シール5百〜千円 シート千円以上
?20世紀デザイン切手シリーズ:単品50〜90%の金額 シート7百円〜千円 全種類セット1万円以上
?戦後50年メモリアルシリーズ:単品50〜90%の金額 全種類セット千円以上

 

記念切手は種類によって、大幅に金額が変わります。
そのため、あくまで買取相場の目安として考えておきましょう。

 

記念切手の買取注意点

 

記念切手は発行年数が古いほど希少価値が高く、中には1,000万円を超える切手もあります。
しかし、新しい記念切手となると、単品なら額面以下の買取になることも多いです。
そのため、できる限り古く、希少価値の高いものを買取に出してください。

 

また、買取業者によって相場が大きく異なるため、相見積もりがおすすめです。
同じ切手を買取に出したのに、買取価格が数万円変わったというケースも少なくありません。
できる限り高値で買い取ってもらうためには、手間を惜しまないようにしましょう。

 

記念切手は切手買取専門店に査定してもらおう

 

記念切手は数多くの種類があるため、事前に買取相場を調べることがおすすめです。
特に発行年数が古ければ、あっと驚くような査定金額になることも多いでしょう。
しかし、最近の記念切手であれば、通常の切手と同じ買取をされることも少なくありません。

 

そのため、複数の業者に相見積もりをしてもらい、査定金額の高い業者に売りましょう。
記念切手を高く買い取ってもらえるように、高く売る方法を試してみてください。

TOPへ