収入印紙を一番高く売るには?

 

切手と間違えて購入してしまった収入印紙。
または不要になった収入印紙があるときには、少しでも高く売りたいものです。
しかし、収入印紙はプレミアが付くものはなく、額面に対してのパーセントになります。
そのため、スムーズに進められるように、以下の相場を考えておきましょう。

 

収入印紙とは?

 

収入印紙は領収書に貼り付けるための証明書であり、印紙が必要なケースがあります。
昔は3万円以上の商品を購入するときには、印紙を貼らなければなりませんでした。
最近では5万円〜100万円以下の印紙に対して200円の収入印紙が必要になります。
収入印紙の金額は200円〜20万円の種類がありますが、一般的に200円までの収入印紙が使われます。

 

そのため、収入印紙を間違えて購入したときには、買取に出すことが一番です。
基本的には金券ショップで買い取ってもらってください。
未使用品しか買い取ってもらえませんが、額面によって換金率は異なります。
切手と違いプレミア化はありませんので、金券ショップで売れるところがメリットでしょう。

 

収入印紙の相場

 

収入印紙は店舗によって相場が異なりますが、額面の80〜98%が相場となります。
そのため、200円の収入印紙であれば、160〜196円で買い取ってもらえるでしょう。
基本的には、金額が高くなるほど、買取率が高くなります。

 

?200円バラ:90%
?200円以上の100枚シート:95%
?1000円以上:96%
?1万円以上:97%
?10万円以上:98%

 

旧印紙や登記印紙、特許印紙などは、60%から70%が目安になります。
額面を超える金額では買い取ってもらえませんが、高価買取をしてくれる金券ショップを探しましょう。

 

収入印紙の買取注意点

 

収入印紙を売りたいときには、金券ショップを利用するのが一番です。
ただし、旧印紙を売るときには、換金率が大幅に悪くなります。

 

そのため、一度郵便局に収入印紙を持っていき、新印紙と交換してもらいましょう。
一枚あたり5円で交換してくれるため、かなり換金率を高められるようになります。
買取額が高いお店に持っていくのも良いですが、一度交換してもらうことも選択肢に入れておきましょう。

 

収入印紙は金券ショップに査定してもらおう

 

収入印紙はプレミアが付かない分、金券ショップで額面の%で買い取ってもらうのが一番です。
切手専門店に行ったとしても、金額が高くなることはありません。
また、旧印紙は郵便局に行き、新印紙に交換してもらうことがおすすめです。
収入印紙も高価買取をしてもらえるように、ぜひ高く売る方法を覚えてみてください。

TOPへ